FXで勝てない!助けてくれる人がいない人に振り返ってみてほしいこと3つのこと

fx-mind01ブログ
スポンサーリンク

サラリーマンの傍、コツコツコソコソとFX取引に勤しんでいる FATタイツ です。リアル講座で取引を始めて半年近くになりますが、現在は3月のコロナウイルスでの鬼下がりによる大損を回収しているところです。

勝率(勝ちの数)だけでみると、大きく勝ち越しているのですが収支は真っ赤な状態です。

さて、本題に入る前に、取引を始めた経緯について簡単にお話ししておきます。聞きたくなくても聞いてください。

…転職を機に年収が100万近く下がり、お小遣いがゼロ円へ転落。収入減の影響をなんとか家庭へは持ち込まなかったものの、私としてはとてつもない節制ゾーンへ。

当然、小遣いゼロ円ではやっていける訳はないので、副収入を求めてあちこちに手を出した結果、FXに落ち着きました。

始めるにあたって、すぐに稼ぎたい、大損は避けたい、ということから「FXのスクール」みたいなサービスを受講。30万くらいの大枚を叩いて準備を進めました。

今思うと怪しさ全開でしたが、ここである程度の基本的な考え方は学びました。しかし、FX特有のムキムキしたマッチョ思考な方が多く、そんな人が苦手な私にはその場で師匠と呼べるような人は見つかりませんでした。

そんなこんなで、スタートは気楽にやっていこうという気はさらさらなく、いち早く収益を出して元の生活に戻そうと焦っていました。

FXで勝てない!助けて!と叫んだ私の負け体験

私が大きく負けた経験は2回です。

1回目は初めて1ヶ月くらいの時。

そして2度目は、コロナウイルスでの鬼下がり時です。

1回目の損失は10万近くの損切りでした。

敗因は、ポジションを持ちすぎた上に、いつかまた戻るだろうで戻らず、予想外に保有し続けたポジションのスワップに殺されそうになったのであえなくタオルを投入しました。

そして2回目は、100万を超える損切り。

こちらは、ロットを上げ始めた矢先、コロナによる円高(保有ポジションはポンド円でした)で、証拠金がゼロになる恐れも出てきたので震えながら損切りしました。

ざっとこの2回です。

この他、大きな損失はないものの、一度の損失額が大きすぎて現在は当初の証拠金を4割ほど割り込んでいる状況です。因みに、2回目の損切時は「助けて」という声すらも出ないくらい精神的にやられました。できれば思い出したくない経験です。

FXで勝てない時に振り返ってみてほしい「3つ」のこと

私の様に師匠がいないとヤバい状況に気づくことが出来ず、ズルズルと深みにハマって抜け出せなくなります。最悪は退場となることもあるでしょう。

では、そんな時にどうすれば退場を免れ、自らの失敗に気づくことができるのでしょう。これには3つの方法があります。

勝てないと焦る方はぜひ振り返る材料としてお使いください。ちなみに、どれも特別な知識や経験は必要ありません。当然、師匠を見つけましょうというものでもありません。まあ、いるに越したことはないんでしょうけど、、

1.他人の意見に振り回されると勝てない

まず一つ目は、

勝てなくなっている時ほど他人の意見に振り回されてしまう点です。

負けが続くと自分に都合の良い情報だけを探してしまったり、影響力のある人のツイートを見てそのたびに振り回されます。

こんな状況に少しでも心当たりがあり、「うっ」となる方は情報を遮断することをお勧めします。もちろんずーっとという訳ではありません。気持ちが弱くなって助けてと叫びたい時ほど腰を据えて取引できる様にしておかないと勝てません。なので、気持ちが落ちくまでは敢えて、情報から距離を取りましょう。

特にSNSはリアルタイムに有名トレーダーの考えが知れてありがたいんですが、そのスピード感と量から振り回され始めるとキリがないので見過ぎは注意です。

2.助けてと思うならロットを下げる

そんなことしたら稼げないだろう。

と言われそうですが、安全なロットでコツコツトレードするのが王道です。上手い人がフルレバレッジで短期間に証拠金倍増!みたいなのはかなりテクニックが必要になる方法ですから、一旦、王道に戻すことをおすすめします。

何よりも感情的になることが問題です。

助けて!と思う範囲を徐々に狭めていき、ある程度のピンチにも冷静に取引できるようなってから他の方法に移してはどうでしょうか?

3.FXに頼り過ぎると勝てない

最後です。

私はこの影響が一番大きいと思っています。そして、未だに私も苦労していることです。

どういうことかと言うと、小遣いの全額をFXから得ようとするとFXで勝てなかった時に感情が崩壊してしまい、焦り、ミストレードの原因となるからです。

これが別の収益源を持っていると余裕ができ、多少の損失や膠着状態も対応しやすくなるんです。

要は、紹介した3つに共通している感情とうまく付き合っていくことがFXでの勝てないを解消するためにまずやることです。

FXで勝つために「感情」を制する

助けてくれー!と叫びたくなる機会が減ってくると勝ち分を減らすこともなくなってきますし、小額でも確実に勝ちきることができます。

そのためには、定期的に自らの取引内容を振り返りどこで勝ち切れていないか、そしてその時の感情はどうだったかを知ることが大事です。

私の様に、初心者で、どんなに下手くそでも小さな勝ちはあります。しかし、それ以上にその勝ちを帳消しするほどの負けが大きいから負け越しちゃうということを理解した上で戦略を考えていきましょう。

そして、助けてくれー!と叫びたくなる時こそあなたの課題が現れている時です。これを見逃さずに改善していける余裕を持ったロットで取引していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました