【FX】ポジポジ病とイモイモ病の症状と対策

ブログ
スポンサーリンク

ー ポジポジ病

勝機のあるところ以外でもポジションを持っていないと安心しない。必要以上にポジションをもってしまう病。「早く儲けたい!」という気持ちが原因で引き起こる場合が多いよう。

ー イモイモ病

芋を引く(怖気付く)を語源とする言葉。含み益が生じたポジションを早々に利確してしまう病。予測や今後の見通しがあるにもかかわらず、我慢ができずに決済を繰り返してしまう。こちらも「早く儲けたい」気持ちが原因で起こる場合が多い。

ポジポジ病はよく聞く単語ですが、イモイモ病は私が作った言葉なので始めて耳にするはずです。

二つの病は、常にフルレバレッジでイチかバチかの博打トレードを繰り返す爆走トレーダーよりは、コツコツと取引することを得意とするトレーダーに発症しやすい気がしています。

本記事では、これらの病が持つ”特徴”と症状に気付いた時の”対策”について書いています。

ポジポジ病が発症する背景

既に少し触れましたが、早く儲けたい!という焦りがこの症状を引き起こします。

FXで大儲け!みたいなフレーズに引かれた人や、少額でもいいからすぐに収益を出したいと考えている人は注意が必要です。今はそこまで急いで収益を求めていなくても、後々発症することも考えられますので気をつけて下さい。

イモイモ病が発症する背景

こちらも基本的には同じです。

焦るあまり「含み益を逃したくない!」という思いから、予測度返しでポジションをすぐに決済してしまいます。こちらの方が特にコツコツ系トレーダーに多いかもしれません。

中でもチャート分析を始めたばかりの人や、収益計算をこまめにできる人は要注意です。

それぞれが招く事態

症状が現れるとどういうことになるのか?

ここもよく分かっていないと「やめなければ」というモチベーションにすらなりませんので紹介します。

まずはポジポジ病。

必要のないところでポジションを持ちますので、本当のチャンスが来たときに大きなロットでエントリーする余力がありません。最悪、エントリーできないということもあるでしょう。こんな事になってしまうと機会損失が大きくなり、勝てるところで勝ち切れなくなってしまいます。つまり、勝利数と勝利単価が下がるということです。

次にイモイモ病。

コチラは、早々に利益を確定し続ける病でした。その影響は勝利単価に影響します。

ポジポジ病で勝てる機会を減らし減益、イモイモ病で単価を減らし減益。単発でも負の影響は大きいですが、重なると更に大変です。

ただ、勝ち額が減るだけなら問題ありません。負け額が勝ち額を上回った時に問題が発生します。そして、この時に大事なキーワードとなるのが「損切り」です。

ポジポジ・イモイモで勝ちの数、単価を下げた上に含み損が出ているポジションを損切りをせずに持ち越す、「いつか戻ってくるだろう」で必敗パターンの完成です。

損小利大の真逆、損大利小です。

対処方法

こんなことにならない為にも、とにかく焦りの元を絶たなければなりません。

もし、FXの収益だけに依存しているのであれば、もう一本収益の基盤を持たなければなりませんし、すぐに大儲けしたいと望むならばその考えを捨てるか、すぐにできるくらい血の滲むような分析や勉強が必要になるでしょう。

その他にも重要なことは見通しを立てることです。

テクニカルでもファンダメンタルでもいいのですが、見通しを立てないから要らないところでポジションを持ったり、早々と利確してしまいます。

自分が軸とする予測や見通しが立つと、チャンスとそうでないところの見分けが付きますし、利確する地点も今以上に深いところで置くことができます。

いや、そのくらいしている!

そう思う人もいるかもしれませんが、できていないから症状が出てきてしまうのです。今一度、本当に根拠をもってエントリー・利確しているか?について考えなければ損大利小からは抜け出すことができません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました