FXを独学で進めるためのススメ | 勉強法と言えばコレ

独学ブログ
スポンサーリンク

見事にコロナ相場で刈られたショボい兼業トレーダー fatタイツ です。刈られてからというもの不調が続き、トレードが振るいません。

このように切羽詰まってくると安易に有料コンテンツやスクール的なコミュニティに手が伸びそうですが、金銭的にそんな余裕がないので八方塞がり。そうなると「独学で頑張る」という選択肢になる訳ですが、独学でどれだけの成果が望めるのか?というところはよくわかりません。と言うか微妙?

そこで、自分を励ますと同時に、同じような境遇のトレーダーにFXを続けていく上で独学の効果を高める方法について語っていきます。伸び悩む初心者トレーダーさんたち、これで一緒に苦境を乗り越えましょう。

独学でFXをやっていく方法(勉強の方法)

まずは学習方法です。あくまであまりお金をかけないことを条件に、切羽詰まったトレーダーが取るべき方法に挙げてみます。

1.ネットで検索

悩んでいるキーワードで検索三昧。しかし、検索キーワードがズバリハマらないと欲しい情報に行きつきませんので難しさもあります。更に、情報量が膨大なので何を信じていいか疑心暗鬼に陥りやすいという怖さもありです。手軽さだけで見るならピカイチ。

2.本

一冊というところをゴールにすれば進めやすい上に、読み始めると変に比較する情報もありませんので1のようなことにはなりにくい。しかし、最新の人気書籍となると値が張るというところが玉に傷。(1冊1,500円くらいのボディブロー)

3.SNS

有名なトレーダーが発信するリアルタイムな情報が受け取れますが、情報の核となるところは得にくい。バンバン絡めば情報を引き出せるかも?YouTubeのような動画となると頭に入りやすいのでSNSの種類によっては効果が高そう。

4.FX業者が出す情報

口座を持っている人向けに出される情報を指しています。プロ目線の情報なので核心に迫るものなのですが、それ故にレベルが高く、読み取るのに予備知識を必要とします。私のようにサボり気味ぺーぺートレーダーには少し敷居が高い印象。

正確かつ、トレードに反映しやすい情報を求めると4。手軽さで見るならば1。学習の効果で見れば2や3の動画。。何を重視するかによって選択は変わります。しかし、自分の状況を加えると4のような予備知識が必要な情報は後回しになります。

では、3でしょうか?

これも違う気がします。核心に迫る情報がなければ成果まで行きつきません。無料で大事な情報を公開しているSNSは少ない気がするのでこれだけでは完結しにくそうです。

では、1か2か。。

FX初心者はとにかく本をむさぼる

困った時、1から学びなおしたい時は本を読みまくることに限ります。

しかし、本で勉強となるとアレルギーを起こす人も居るかもしれません。でもこれが初心者には一番効きます。なぜなら、体系化されているので理解しやすいんです。大きな出版社が絡むとなおさらでしょう。

私は「今更本から得ることはない」と思って読んでいませんでしたが、そんなことを言ってられなくなり、読み始めるとかなり勉強になることがわかりました。

中には、どの書籍をとっても同じようなことが書かれているジャンルもあります。(このような傾向は入門書に多いので注意してください。この後、注意点についてはまとめてあります。)

「そうは言っても、新刊で10冊も買うとかなりの金額になる。」

その通り、金額が気になる方は「読み放題サービス」を使って読むと何冊も読めます。昨日今日の新刊は読めませんが、少し前のものなら問題なく読めますのでおすすめです。

では、本で学習するときの注意点を見ておきましょう。

注意点:入門書は流し読み

何冊か読むとわかりますが、この手の本に書かれている内容は結構似通っています。同じ内容だと思うところは飛ばしながら読むと効率的です。

注意点:テーマが絞られている本を選ぶ

広い範囲をカバーしている書籍よりは、一つのテーマを深掘りできる方が発見が多いです。特に著者にとって1冊目の本となると気合が違うので、より多くの発見があるかも。

例)ボリンジャーバンドで稼ぐ…、デイトレードで…、ローソク足で…

注意点:自分が選ばなさそうなものもあえて読む

本を選ぶ作業は思いのほか偏りが出ます。あえてあまり興味が湧かないものもチョイスしてみて下さい。私の場合、スキャルピングに関する内容は興味もない上に、兼業では無理だろうと思っていますが、だからこそ手に取る!みたいなことですね。

注意点:一冊を噛み締めるよりは複数読む

ネットの記事と違い、ただでさえ読み進めるのに時間がかかります。読み終える習慣をつける意味でも、情報を多く取り込むためにも、読みこむよりはザーッと読みましょう。

FXで稼ぐ方法については個人の解釈によっていくつもの方法があります。だからこそ、沢山の情報を取り込み、自分に合う情報と出会えることが大事です。

次の段階を想像してみる

本を読み漁った後は何をするべきでしょうか?

私は今ちょうどこの段階なので、ここからは想像と計画でしかありません。

次の段階は自分への再投資だと思っています。

読書も十分に自己投資ですが、FXで得た収益を有料コンテンツやスクールにまわし、さらに腕を磨くということです。こんなことをしていると「いつになったら自分の懐に儲けが舞い込んでくるのか!?」と思うかもしれません。

しかし、盤石な土台を作らなければ、小さな変化にも耐えられず、みるみる損失にまみれてしまいます。そうならないためにも、基礎づくりの期間は長くとるべきだと思います。切羽詰まっている今だからこそ、基礎固めをしっかりしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました