【FXでの失敗まとめ】大きいロットでドカンとエントリー癖は失敗のもと

cash-management01ブログ
スポンサーリンク

トレーダーの9割は大きな失敗を重ね早々と退場する。と言われるFX。

それほど長い期間生き残ることが難しい失敗の巣窟のような場所だということですが、これは、終わりを決めずに取引を始めてしまうトレーダーが多いのだと思います。終わりを決めなければ、失敗が大失敗になり、どんどん証拠金は溶けていってしまいます。

そこで本記事では、ポジションを持つ前に「終わり(決済だったり損切りだったり)」を決めてエントリーする方法について話をしていきます。

勝ちは小さくても、失敗の機会を潰していければ生き残ることができますし、ラッキーパンチでも勝ち得た収益を逃しにくくもなくなりますのでおすすめです。

成功から始めるか失敗から始めるか?

まずは、エントリーしようと思った時にどちらをゴールにおいて考えはじめるか?という話です。

結論、、、

こうすれば儲かる(成功)から逆算してしまうと、不測の事態に対応できません。これでは損失が大きくなるばかり。

逆に、こうすれば損失を回避できる(失敗)から逆算する人は、儲けが少なくても損失を最低限に抑えることができますので、勝ちを逃さない。もちろん、本記事ではこちらをおすすめしています。

そして、前者の「儲かるイメージしか持っていない人」は往々にしてエントリーする際に、大きいロットを一点に投下してしまいがちです。

一見、このほうが勝ち分も大きくなるので良さそうに見えますが、考えとは真逆に値が動くと損失も莫大です。これが正に「成功した時のことだけ」を考えている典型ですね。

こうなってしまってはザルで水をすくうようなもので、収益を得た横からドバドバ垂れ流してしまう恐れがあります。

エントリーで失敗しないためのエントリー

失敗はエントリー前に始まっています。エントリー前にできる限りの「最悪パターン」を想定し、失敗の可能性を潰した上でトレードに臨みましょう。

例えば、一点に5万通貨エントリーするのであれば値動きに合わせて、2分割・3分割したロットでエントリーしましょう。こうすれば、予想外にレートが動いてしまっても必要以上に追いかけなければ傷は浅く済みますし、思うようにレートが動いたならば追いかけて行けば収益も得られます。

ただし、元の合計エントリー数(この話では5万通貨)がハイレバレッジとあっては意味がありませんので、証拠金維持率を見ながらエントリーの総ロット数を設定してください。

この内容をそれぞれ図に表したのでご覧ください。分割してエントリーするとここまでリスクを抑えることができます。図ではわかりやすくするために取引量を10万通貨としています。

画像の状況は、、

エントリー時のレートが100円。しかし、この後、円安(100円以上になる)に動く予想をしますが、どんどん円高(90円方向)に向けて動いてしまいます。

Aのように大きなロットで入ってしまうとポジションの追加がしにくいので、損失が膨らんでいくところを悶々と見ることしかできません。仮に追加でポジションを持ったにしても資金的な余裕がなければ精神的にもちません。

かたやB。95円・92円の時点でエントリーしないという方法もあると思うと、限りなく損失を抑え込むことができます。どうしても、収益だけで考えるとAには勝てませんが、追いかけてエントリーすればいくらかその差も埋まっていきます。

何よりも本記事で伝えたいことは、終わりから逆算して損失の可能性をいかにして減らしていくかということです。バラ色のゴールを想像するほうが楽しいですが、失敗側から取引を考え、徹底的に失敗の芽を潰してみてはいかがでしょうか。

では、さっそくリアルトレードで試してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました